れいちゃん家の子育て事情

イヤイヤが見え隠れする息子1歳との暮らし。親子で鉄道勉強中!

離乳食が始まったらそろそろベビーチェアが欲しい。購入する時のポイント6つ

本日は、「私はこうして決めましたシリーズ」をお送りしたいと思います。

今回のテーマはズバリ、ベビーチェア!


バックナンバーはこちら。

 

www.leeeinani.com

 

f:id:leinani:20191215231505j:plain

 

 

購入を考える時期(目安)

ねんねばかりの赤ちゃんが、いつの間にか首が座り、寝返りをし、

そうこうして生後5ヶ月を迎える頃から始まるのが、離乳食。

私はぼーっとしていて、6ヶ月半でようやくスタートしました!

 

始めのうちは、

赤ちゃんを膝の上に乗せて片手で支えながら、

もう一方の手でスプーンを操って食べさせる、

というのがやりやすいのかなぁと思うのですが、

お座りがしっかりしてくると、1人で座ってくれたほうが断然ラク!になります。

だって、両手が使えるんだもん!

 

そんな時に活躍するのが、ベビーチェア。

どれにするか悩んだり、お店に見に行ったり、お店のセールポイントアップデーを待つなどの期間を考えても、

ベビーチェアについての情報収集は、離乳食を始めてからでも遅くはありません!

 

ちなみに記録をさかのぼると私は、離乳食開始から4ヶ月後(生後10ヶ月)で購入していました!衝撃!

ようがんばったなぁ、自分!

そういえば、息子をベビーチェアに座らせた時、めちゃくちゃラクなったわ~!と言ったのを思い出しました。しかも、座らせてから、食べる量も増えたんやったなぁ。

 

私が選んだベビーチェアはこれ!

yamatoya 

すくすくチェア スリムプラス

テーブル付き

カラー:ナチュラル

f:id:leinani:20191215221527j:image 

 

オプションで、テーブルマット を購入しましたが、ごはんそっちのけではがされるので使えませんでした・・・

ベルト  や かわいいクッション  もラインナップされています!

 

 

ベビーチェアを購入する時のポイント6つ

1、高さ

ダイニングテーブルで使うのか(ハイチェア)、リビングなどで使うのか(ローチェア)、によって決まってくると思います。

わが家は、家族でダイニングテーブルを囲む時に使いたかったので、

ハイチェアを選びました。

 

ローチェアは、こういうやつ(yamatoya HPより)

f:id:leinani:20191215213605j:plain 

 

2、幅

こちらは、存在感の問題です。

家具あるあるでしょうか、買っていざ置いてみると大きかった・・・という経験を、ソファ購入の時にしているので、ここは慎重になりました。

メジャーで測るのはもちろん、立体的に想像するのがオススメです。

 

3、いつまで(何歳まで)使うか

上で述べた、幅にも関わってくるのですが、

対象年齢も要チェックです。

大人になっても使える、というものもありますが、

わが家の場合は、ダイニングテーブルとセットでイスを4つ購入していたので、

大きくなればそれに座ってもらえばいいよね、ということで、

10歳まで使えるという、このベビーチェアにしました。

 

4、テーブルの有無

検討していたものの中では、テーブルの有無を選ぶことができました。

「れいちゃん(息子)だけのテーブル!」という特別感があったほうが良いかと思い、テーブル付きを選びました。

使わなかったら後ろに回すor外してしまうのもアリかなと思っていました。

f:id:leinani:20191215221533j:image

テーブルには、転がり防止ガードあり。こぼしたみそ汁も、少しだけせき止めてくれます

 

f:id:leinani:20191215221521j:image

テーブルを後ろに回すとこんな感じ

 

5、本体カラー

ダイニングテーブルの色に近いものを選びました。

扉や家具など、木目のものが多いので、部屋にとけ込んでいます。

 

6、ガードの素材(私のいちばんのこだわり)

テーブルの下の、この「T」になっている部分。

f:id:leinani:20191215221530j:image 

商品によっては、ここが布製だったのですが、私は木製が良かった!

なぜなら、絶対に食べこぼすから!

そしてシミになってしまうから!

木だったら、水拭きでサッと取れます。ストレスフリー!

さらに、工具なしで取り外しも簡単(ガードの下の黒いネジをくるくるっと回すだけ)なので、食べ物がすき間に入り込んでも問題ありません。

掃除のしやすさは、大きなポイントでした。

 

本当は、別のベビーチェアが欲しかった!?

はい。一番最初に欲しい!と思ったのは、

パステルカラーのベビーチェアでした。

色は自分で塗ってもいいけど、大きさや素材は変えられない!

時には妥協も必要である!

今のところ、塗り替えはしていません。

 

おわりに

妥協も必要!と書きましたが、

すくすくチェア スリムプラス 大満足で使っております。

シンプルなカラーリング、スマートなサイズ、そしていつもクリーンなマテリアル。

 

みなさんも、納得のいく選択で、楽しい離乳食タイムをお過ごしください!