れいちゃん家の子育て事情

1歳の息子はイヤイヤが見え隠れしています。

赤ちゃんの名前、私はこうして決めました!

名前は、赤ちゃんへの最初のプレゼント。

これ!と決めるまで、いろいろな本やサイトを見て、とても悩みました。

今日は、私が赤ちゃんの名前を決めるまでに考慮した点をご紹介します。

 

f:id:leinani:20191015120737j:image

 

 

赤ちゃんの名前、私はこうして決めました!

 

漢字一文字にしたかった

一文字の名前への憧れがあり、最初の候補は「蓮(れん)」でした。

蓮、と言えば、NANA。

(映画化もされ、ブームになったのはもう10年以上も前のことなんですね。)

ナナが蓮に名前を聞く場面がとても美しく、印象に強く残っていて、

「子どもができたら、蓮と名付けよう」と考えていた・・・

というわけではないですが。

しかし、夫の同意を得られず断念。

 

ほかに、~太郎、~之介、など三文字の名前も考えましたが、

これまた夫から、「仰々しい」「画数が多くて書くのが大変」と却下されてしまいます。

 

ラ行で始まる名前にしたかった

れん、もそうですが、特にラ行の響きに惹かれるものがありました。

調べていくと、ラ行で始まる名前のイメージは、

「かっこいい」「華やか」「知的」などであると知り、

なるほど、私はラ行のこういうところに魅力を感じているのかと、

ラ行熱はますます加速していったのです。

 

胎児ネームに影響を受ける

「胎児ネーム」というのをご存知でしょうか。

私は、お腹の中にいるうちから名前を付けて呼んでいました。

その名前が「麗子(れいこ)」です。

その麗子というのは・・・

そう、びじゅチューン!の「夢パフューマー麗子」(by井上涼さん)です。

 

 

妊娠がわかった頃よく歌っていたのが、この「夢パフューマー麗子」でしたので、

まだ性別もわからない時から、生まれる直前まで、

息子は「麗子」でした。

 

ここでもラ行。

名付けの時、この「麗子」という名前にも大きく影響を受けました。

 

胎児ネームは、名前っぽくないものにするのが良い、という話も聞いたことがあります。こういうことだったのか!

 

画数

これも、少しだけ、気にしました。

できれば良い運勢の名前にしたいけど、全部は無理やし、

さらに、サイトや本によって書いてあることが少しずつ違ったりするので、

参考程度に、という意識でいました。

  ここでなんと、わが家の姓の総画数「天格」が、凶数であることが発覚しました!

  でも苗字は変えられないので、気にしませーん!

スマホのサイトでも簡単に調べられるので、気になる方は、調べてみてください。 

 

こうして決まった、名前はズバリ・・・

 

(れい)です。

 

漢字の意味から、

清らかな心を持った人に

まっすぐに生きて信頼され、多くの人に慕われる人に

という願いも込めました。

 

 

そうなんです、「令和」の「令」です。

f:id:leinani:20190831224731p:plain

新元号発表を聞いてしばらくは、なんだかそわそわしました。

 

名前の説明をしやすくなったのが嬉しいなぁ、と思っています!

これまでは、

「冷蔵庫の冷の、ニスイの無いやつ、そうそう右側だけ」とか、

「号令の令、うん、命令の令やで」とか、

「あ~、なんかいろいろ書き方あるみたいやなぁ」とか、

「りっしんべん?ちゃうちゃう、一番画数少ないやつ」とか、

たくさん解説していましたが、もう、

「令和の令!」

でしっかり伝わります。

 

私自身も、名前の漢字の説明で苦労(?)することが多かったので、

 当て字ではないのですが、当て字?と言われたり(小学生の時)、

 手書きの書類などで、ごまかしてクチャっと書かれていたり、

息子にも同じ思いをさせずに済みました!

 

 

というわけで、私の名付け裏話でした。

名前は一生もの。

生まれてくる赤ちゃんのことを考えながら、

ぜひ素敵な名前を付けてあげていただきたいと思います!