れいちゃん家の子育て事情

1歳の息子はイヤイヤが見え隠れしています。

ミルクか、母乳か。生後3ヶ月で完ミに切り替えた話


息子は生後3ヶ月以降、母乳ではなくミルクを飲んで育ちました。

今回は、完ミに切り替えるにいたった話、その時の私の気持ちなどを、

まとめて書いてみたいと思います。

 

f:id:leinani:20190901222529j:plain

ミルク飲みながら、ダンシングヒーロー?

 

息子誕生までの気持ち

産院に提出したバースプランには、できるなら、母乳で育てたいと書きました。

その時はまだ、母乳が出るか出ないかもわからないし。

念のため、哺乳瓶も、消毒用のミルトンも、一式購入。

  

さぁ、授乳が始まる

出産後、私の「いちおう」の希望通り、母乳育児という名の修行が始まります。

すぐには母乳が出なかったので、直母の後にミルクも飲ませていました。

さらには、助産師さんによる、痛い痛いおっぱいマッサージと搾乳。

 

周りのお母さんたちは、母乳でいけるね、と言われていて、焦る気持ちもありました。

 

直母・ミルク・搾乳、を3時間おき・・・

授乳に1時間ほどかかっていたので、寝れるのは2時間もない。

おっぱいは張って痛いし、

寝不足やし、

助産師さんのアドバイスは人によって全然違って混乱するし、

授乳室から戻って、ひとり部屋で泣く、

という入院生活でした。

 

退院後、苦悩の日々

入院中は産院のスタッフの方のサポートもあってなんとか頑張れていた授乳も、

寝不足がいよいよ深刻化し、つらいだけの時間になっていきました。

息子も、なかなか出ないおっぱいに嫌気がさしたのか、

大泣きして吸ってくれないことが多くなっていました。

 

桶谷式母乳マッサージも一度受けましたが、

先生の、

「ミルクは今の半分!泣いたらとにかくおっぱい吸わせなさい!!」

という言葉は、当時の私にはスパルタ過ぎました。

 

この頃から、

この子も嫌がってるのに、こんなにしんどい思いをして母乳にこだわる意味ってあるんかな。

という思いが強くなり、

とりあえず1ヶ月健診までは、今のリズム(直母・ミルク・搾乳のトリプルセット)で頑張ろう

とゴールを決めたのです。

 

 

f:id:leinani:20190901222544j:plain

口元を隠したりします

 

そして完ミへ

1ヶ月健診後、すっぱりと直母はやめました。

それでも、やはり諦めきれない気持ちがあって、

搾乳は無理のない範囲で少しずつ、続けました。

  

その頃に、市の支援事業で、助産師さんの訪問がありました。

いろいろな話をするなかで、ふとが。

授乳について、諦めきれないことを話すと、

「初乳を与えられたのは、すごいこと!

 母乳かミルクかなんて、幼稚園に行くようになって話題にする人はいないよ」

さらに、

「でも、お母さんが後悔したままなのは良くないから、

 しっかり納得できる答えを見つけよう」

と優しく言っていただき、その場で授乳指導。するとなんと!

しっかり飲んでくれたのです。

 

この、飲んでくれた、という実感が、

それまでのこだわりをすーっと無くしてくれました。

 

それ以降、自信を持ってミルク育児ができるようになりました。

 

私が考える、ミルク育児のメリット

外出時に荷物が多くなる、とか、お金がかかる、などのデメリットもありますが、

私は断然メリットが大きいと感じました。

・誰でもどこでも授乳できる

・飲んだ量がはっきりわかる

・腹持ちがよく、夜しっかり寝てくれる

 (個人差があると思いますが、息子は一晩中寝るようになりました。

  夜泣きもありませんでした) 

・お酒が飲める、食事制限も無し

 

そしてもう一つは・・・

 

笑顔で過ごせることがいちばん!

粉ミルクのパッケージに、

「母乳は赤ちゃんにとって最良の栄養です」という表示があります。

その言葉が、つらい時期がありました。

 

子育て支援センターへ出かけると、

100%、「母乳?ミルク?」という話題になります。

あえて明るく、ミルクやねん~!と答えていたなぁ、と思い出されます。

 

周りにいるお母さん全員が、母乳で育てているような感覚でした。

ミルクをあげている私は、がんばれなかった罪悪感のようなものが、

ありました。

  

当時の私にとっては、究極の選択だった授乳問題。

ですが、今それは思い出になって、新たな悩みに直面しています。

あの時助産師さんが言ってくれた、今だけよ!は本当でした。

 

お母さんも赤ちゃんも、笑顔でいられるのがいちばん!

母乳をやめて、最初はもやもやした気持ちもありましたが、

笑顔で育児ができるようになったことが良かったです。

 

 

私と同じように、ミルクか母乳かで悩んでいるお母さんがいらっしゃったら、

ひとりじゃないよ、とミルク育児の背中を押したいと思います。

そして、あの時の私には、ガハハと笑って「大丈夫~!」と言いたいです。

 

f:id:leinani:20190901222532j:plain

ほうれい線を隠したりもします