れいちゃん家の子育て事情

1歳の息子はイヤイヤが見え隠れしています。

【出産レポート前編】おしるしの後、前駆陣痛が始まった


気が付くと、 あと数日で1歳半になる息子。

最近は、電車を見つけるたびに「んしゃ!」と言って喜んでおります。

親も親で、それが聞きたくて、一緒に電車を探すのが日課に。

そして、今日出かけた公園では、

すべり台の階段を1人で上れるようになっていて、びっくりしました。

子どもの成長、はやすぎる・・・

  

今では、この子が私のお腹の中にいたなんて信じられません

(というか、生まれてからずっと、信じられていません)が、

今日は、私と息子が確かに「ニコイチ」だった最後の瞬間のことを、

振り返ってみたいと思います。

 

逆子やなんだと騒いでいた臨月でしたが、

 

www.leeeinani.com

 

 

その後は順調で、自然分娩となりました。

母子手帳には、分娩時間は「6時間半」となっていて、

初産にしてはスーパー安産だったようです。

そこにたどり着くまでの経過、

まずは前編をお送りしたいと思います。

 

 

【出産レポ前編】おしるしの後、前駆陣痛が始まった

 

39週0日(出産3日前) おしるしが来てそわそわした日

 

午前3時

お手洗いに起きると、おしるしが!

すっかり目が覚めて、「おしるし」を検索しまくる!!

 

夫は起こさず、1人でそわそわ。 

『おしるしの後まもなく陣痛が来ることが多い』とな!

 今日産まれるんかいな・・・?」

気を紛らわせようとテレビをつけると、

ハワイの紹介番組をしていて、ハワイに運命を感じて癒される。

新婚旅行で一度だけ訪れました。そしてハワイに住むのが夢~なのです。 

 

f:id:leinani:20190919205705j:plain

この海が私を呼んでいるんだ(Lanikai beach)

 

午前5時

お腹はちょこちょこ張るけど、

気持ちも落ち着いて眠気がやってきたので、すやーっと寝る。

 

午前9時

タイミングよく、この日は健診でした。

夫も休みだったので一緒に。

 

診察中は、お腹の張りはどこへやら。。。

2日後にまた来てください」とのことだったので、予約をして、

大好きな助産師さんに元気もらって、

お昼ごはんにうどんを食べて、

レンタルのベビーベッドを取りに行って、帰宅。

 

引き続きそわそわはするけど、気合いで寝る。

助産師さん曰く、

出産は体力勝負なので、ちゃんと寝たから大丈夫!

って自信を持って臨むことが大事なんだそうです。

 

 

39週1日(出産2日前) 何も起こらない日

昼過ぎからいつも通り散歩をする。

たまぁーにお腹の張りはあるけど、お風呂の掃除もできるし、

階段上り下りもがんばる!

「陣痛来てくれ~」

 

39週2日(出産1日前) いよいよ痛くなってきた日

ちょうど日が変わったぐらいから、不規則にお腹が張る。

「むむむ、これは・・・」

陣痛アプリで記録!

うとうとしては、痛くて目が覚めて、の繰り返し。

朝になって、張りがなくなる。

またか・・・

病院に行って先生に「夜はめっちゃ痛かったんです!」と必死にアピール。

 

そのアピールのおかげ?か、

「おしるしも来てるし、入院して促進剤使おうか?」

と言われたけど、様子を見ることにして帰宅。

アピールはしたけど、促進剤が怖い、ビビりの私・・・

 

家に着いて、お昼前から再び痛みがやってくる。

痛いと体に力が入るから、深呼吸してリラックス~。

あとから考えると、この前駆陣痛のおかげで、

しっかり呼吸して力を抜く感覚をつかむことができました。

息子よ、練習させてくれていたのだな!

ここから出産まで、お腹が張るたびに、

「大丈夫、大丈夫。麗子ォ~がんばれ~」と唱え続けることになるのです。

 

息子なのに麗子・・・となった理由はこちら

www.leeeinani.com

 

 

リビングでテレビを見ながら、

やってくる張りに耐えながら、

寝転んだり、ゼリーやパンを食べたりしていたら、

いつの間にか外は真っ暗!カーテン閉めなくちゃ!(ちゃうちゃう)

 

ほんで、痛みの間隔は、

・・・え、6分!?(不規則なりに)

ってことで、病院に電話。

 

f:id:leinani:20190919205942j:plain

電話をしたのは確か夜9時ごろだったけど、7時に一気に6分間隔になってる・・・

 

冷静に話しすぎて、スルーされそうになったけど、

無事に「いちおう来てください」をもらえました。

電話を切ってから、

冷静に部屋を片付けて(クッション・毛布が散乱していました)、

エアコン・床暖房のスイッチを切って(3月下旬やったけど寒波&雨でした)、

出発することに。

 

陣痛タクシーの登録もしていましたが、

いざとなると使い方がわからず、痛いのに調べてられないし、

実家(自宅から10分)の母に、

普通のタクシーを呼んで一緒に来てもらうことになりました。

このタクシー、運転が荒めで、お腹が張る張る。

 

病院に到着したのは、夜の10時過ぎ。

夜間出入口のインターホンを鳴らして、陣痛室へ向かう私・・・

 

さて、お腹の赤ちゃんは無事に生まれてくるのか?

(生まれます)

後編へ続く。

 

 

 

番外編もどうぞ。

www.leeeinani.com