れいちゃん家の子育て事情

1歳の息子はイヤイヤが見え隠れしています。

【出産レポート後編】1日続いた前駆陣痛からの、6時間半の安産の記録


前編からの続きです。

 

前編はこちら↓

www.leeeinani.com

 

【出産レポ後編】1日続いた前駆陣痛からの、入院から6時間半の安産の記録 

 

夜10時 いちおうモニター付けますね~、からの入院!

「いったん帰ってもらうと思いますので~」

なんて言われながら、しばらくNSTモニター装着。

張りは3分間隔になっていたようで、

そのまま入院することになりました。

子宮口はまだぜーんぜん開いておらず。

 

11時ごろ、仕事終わりの夫が到着。

入れ替わりで母帰宅。

(夜通しになったら悪いし、と思ってたけど、あとから「立ち会いたかったー」と言われました)

 

しばらく耐える時間があって、部屋も2回ぐらい移動したような。

付けられたモニターのベルトがキツくてつらかった!

 

0時ごろ 秘密兵器登場!

おしりを押してもらうと楽になるという秘密兵器、

テニスボールです。

夫にも押してもらったけど、力が全っっっ然足りなくて、

この時だけは、

(自分の記憶の中で、この出産で暴言というのは無かったはずなので)

「力が足らん~~~!!!」と叫びました。

私もがんばってるんやし、諦めんとがんばってほしかった・・・

このあと夫には、汗と水分と時計の係をお願いしました。

 

2時ごろ 付き添いの夫、寝る(壁に頭を打ち付けながら)

怒りませんでしたよ。

あー疲れてるのに悪いなぁ、って思えてた私は、どこへ行ってしまったのか。

もしまた同じことが起こったら、今度は冷静でいられる自信がありません。

 

そして、気づいたら私も寝ている瞬間がありました。

痛みが来て目が覚めて、寝ていたことに驚く!

 

私は、痛みよりも、いきみ逃しがつらいタイプでした。

ベッドの背中を起こして、背中と足で踏んばって、

深~い呼吸で力を逃す&逃す。

 

やってくる波のレベルが段違いになってきて、

とにかく呼吸をして、

赤ちゃんに酸素を~送る~~~ことに集中。

リアルに、ヒーハー!な感じでした。

でも、陣痛の合間には笑っていたので、余裕があったんかなあ?

 

入院が決まった時に助産師さんに、

「こんなんではまだまだ生まれへんよ~あはは~」

と言われていたので、

この時点で「これはもう・・・陣痛ですか・・・(息切れ)」と確認したところ、

「そうですよ~」っていうことだったので、ひと安心。

 

この時間帯に、尿意が来た気がしてお手洗いにも行きましたが、

出ず。

戻ってくる間に痛みが来て、廊下に倒れ込んでしまって怖い思いをしたので、

(助産師さんが付いてきてくれていて無事でした)

できれば痛みが弱いうちに、行っておくと良いと思います!

 

4時ごろ ついに子宮口全開!

子宮口全開を祝うかのように、ブチッ!という音とともに破水。

破水の音は、ほんまに、ブチッ、でした。

 

破水したら、感染予防のために錠剤を飲まないといけないそうで。

ウチ、錠剤飲むの、苦手やねん・・・

頭、何回後ろに振ったかわかりませんが、なんとか陣痛の合間に飲めました。

 

4時半ごろ 分娩台に移動

よくテレビで見る、自力で!ってやつです。

一気に小走りしました!


分娩台に上がってから、

助産師さんが、踏ん張るための手すりを付けてくれたのですが、

それがなかなか付かない・・・

笑えてくる・・・

 

もうここからは、耐えることもなく、全然つらくなかったので、

わりとはっきりと、いろいろなことを覚えています。

 

「いきむ感覚は、便秘の時みたいな感じで~」

と言われて、

「あー、便秘で良かったです!」

なんて笑っていたり。

 

少し前にも赤ちゃんが誕生していたようで、

その対応で助産師さんは行ったり来たり。

「便秘の感じでいきんで、出てきたらどうすれば・・・」

と思ったら、なかなか本気を出せず。

 

気づかないうちに点滴?が外れて、左腕が血まみれになっていたり。


そのうちに戻ってきてくれて、

「ピンポン玉ぐらい出てきましたよー」と言われたけど、

頭やのにピンポン玉・・・ハテナだらけ。

 「15分排臨です」と聞こえてきて、「とりあえずもう少しなんやな」と気を持ち直す。

排臨・・・いきみに合わせて、胎児が見えたり隠れたりすること、だそうです

 

いきむって、とてもエネルギーが必要で、

いきみ終わるとめちゃくちゃしんどいんです。

過呼吸みたいになる。

そんなん何回もやってられへんし、

本いきみを開始してから5回目ぐらいの波で、

「もう出したい!」と決めた私。

人生一番の気合いを込めました。そして・・・

 

5:25 生まれる

あー、終わったのか・・・やりきった・・・

というのが出産直後の気持ちでした。

 

逆子になったりくるくるしてたのもあって、

へその緒が首に1周巻いていて、

さらに自分で握っていたとか。

 

初対面の印象は、おサルちゃん!

とても小さくて、でも力いっぱい泣く姿は、とても愛おしいものでした。

 

自分でもどうなるかわからなかったので、

夫には立ち会ってもらわない予定でしたが、

陣痛室からなんとなくの流れで、立ち会ってもらいました。

結果としては、良かったかな、と思います。

夜通し、ありがとう!

 

プレママ教室で、「一番しんどいのは、赤ちゃん」と聞いて、 

「赤ちゃんと一緒にがんばる」と臨んだ出産でした。

助産師さんには、スーパー安産だったと言われるも、

自分では「これが安産・・・はて?」でしたが、

いろいろ見ていると、痛みがなかったり早く生むことが、

安産、というわけではないようですね。

一緒にがんばる姿勢が伝わったのか、

とにかく、無事に生まれてきてくれて、本っ当に良かったです。

 

というわけで、以上が出産の振り返りでございました。

1年半もたつと、夢だったような気もしてきます。

 

いつか、こんなふうにして生まれたんやで~なんて話す日も来るのかなぁ。

 

明日も、きっと5時半には1日が始まる。

子育て、楽しんでがんばりたいと思います。

 

 

f:id:leinani:20190919225710j:plain

小さかったなぁ

 

出産レポート番外編はこちら!

www.leeeinani.com