れいちゃん家の子育て事情

イヤイヤ期に本格突入したらしい2歳の息子との暮らし。親子で鉄道追っかけ中。

1歳5ヶ月の子連れ温泉旅行の心得。持ち物など押さえておきたいポイントはコレ!


先日、一泊二日の家族旅行に行ってきました!

これまでにも何度か計画はしたものの実現せず、産後初、念願の旅行でした。

大人だけの旅はこれまでにたくさんしてきましたが、なんといっても今回は子連れ旅行!

準備段階からそれはもう、ドキドキそわそわ

今日は、今回の旅のあれこれについて、振り返ってみたいと思います。

 

 

1歳5ヶ月の子連れ温泉旅行メモ 

 

交通手段

 

これは、最初から一択でした。

移動しやすい、子どもが騒いでもOK、荷物が多くてもOK、

(プラス私が運転するのが好き、)という点からです。

実際に荷物はかなり多くなってしまったので、車にして正解でした。

 

行き先

車で2時間程度で行ける温泉、ということで、今回は淡路島にしました。

もう少し遠出しても良いかとも思いましたが、何せ初の子連れ旅行

まずは近場で小手調べ、ということになりました。

 

宿泊先を決める時にこだわったポイント

風呂付きの客室

大浴場で、動き回りたい盛りの1歳児をコントロールできる自信がなかったので。

貸切家族風呂もある旅館だったので、もしお部屋の予約が埋まっていたら、そちらを使わせてもらおうと思っていました。

 

食事

普段は大人と同じものを食べることもあるけど、お子様コースをお願いするほどではない、という感じ。

直接電話で確認すると、「ベビーフード持ち込み可、大人の食事の取り分け可」とのことだったので、ひと安心。

白ごはんを出していただいたり、おかわりを聞いてくださったり、とても良くしていただきました!

 

キッズスペース

これはこだわったわけではなくたまたまですが、

絵本やおもちゃ、すべり台などがあり、息子も楽しんでいました。

子ども向けスペースがあるのは、嬉しいですよね!

 

 

持ち物

持っていってよかったもの

★パン、ふりかけ、レトルトカレー

パンをつまんでもらう間に大人がごはんを食べられます。

また、ふりかけ・カレーは白ごはんのお供に活躍しました。

 

★絵本、水で何度も使えるぬりえ(ベビーザらスで購入)

これも特にごはんの時間に大活躍。

 

 

★甚兵衛

子ども用の浴衣がなかったので、甚兵衛を着せていました。

(親の気分が盛り上がる。笑)

f:id:leinani:20191011221057j:image

 

★洗濯ネット

脱いだ服をとにかく放り込む!帰ってからの手間が省けます

 

★抜け出し防止ベルト

食事中、ベビーチェアに固定するベルト。

前に買っていたものが、ようやく日の目を見ました。

 

持っていったけどいらなかったもの

★コンセントカバー

コンセントにあまり興味を示さず。

 

★水・お茶(ペットボトル)

重い。コンビニでもスーパーでも買えたので不要。

 

★BOXのベビーフード

これも重いし、食べられるものも案外たくさんあったし、で不要でした。

 

★食器・スプーン・フォーク

使い慣れたものを、と持参しましたが、旅館・レストランのものでしっかり食べていました。

 

 

大変だったこと

荷物が多過ぎて大変

初めてだったこともあって、あれもこれも、念のため、で詰め込んだらとてつもなく大荷物に。

帰りはおみやげも買いたいし、電車移動は絶対ムリ!でした。

次は反省を活かして、もう少しコンパクトにできる、かな?

 

ごはんが大変

作ってもらって片付けもしてもらえるし、ラクショーやん!と思っていたけど、うどんを切ったり、ごはんにのりを巻いたり、食べさせたり・・・

さらに自分たちの食事の量も多いので、ゆっくりは食べていられないし、

家とおんなじぐらいかそれ以上に、バタバタしました。

 

子育てには休みがなくて大変

これはまぁ当たり前と言えば当たり前なんですが。

これまでしてきた旅行は、仕事という現実から離れて、完全にリフレッシュが目的のものでした。

ですが、子どもがいると、休めない。気持ちも体もフル回転。

周りにも気を遣いますしね。

唯一、息子が寝てから、広いお風呂にゆっくりつかれたのは至福の時でした。

 

 

それでもやっぱりまた行きたい!

用意も本番も大変なことたくさんで、くったくたになって帰ってきましたが、息子の楽しそうな姿を見ることができて、これこそが子連れ旅行の醍醐味なんやな、と感じました。

 

子どもを追いかけ回して、てんてこまいになるのも、今のうち。

あっという間に大きくなってしまうやろうけど、

その、大きくなってからの旅行もまた楽しみやなぁ、と考える母なのでした。

 

 

(ひとりごと・・・)

完全にセルフプロデュースでしたが、この旅行は、私の誕生日の記念でもありました。だから頑張って企画できたのです。

夫からサプライズのお祝いとかあるかなぁ、なんてほんの1ミリ期待しましたが、ございませんでした。あかん、一緒に行ってくれただけで感謝、感謝

男の人は、サプライズが苦手って言うもんね・・・